芸術を生み出す環境づくり

センスの良い環境

例えば芸術を生み出すような場所、部屋、雰囲気というのはどういったものでしょうか?
センスの良いレイアウト、整理整頓された部屋、掃除が行き届いているなどなど、思い描くのはマンションのモデルルームやショップのインテリアコーナーなどでしょうか。
いやいや、逆にセンスが良すぎてしまうと、片付きすぎてしまうと集中力が上がらない・・・なんてケースもあるかと思いますが、少数だと思います。

優れた芸術というのは、整然とした環境の中でこそ研ぎ澄まされた感性が十分に発揮され、上質なインスピレーションを生むものです。
芸術家の中にはずぼらで無頓着に散らかし汚して自分からはなかなか片付けないなんていう傾向もありますが、こういったケースではバックアップすべき優秀なパートナーの存在があったりもするのです。

清潔な部屋の意義

清潔な部屋が嫌いな人間がいるでしょうか?
いたとしてもごく少数だとは思います。
身近な部屋の掃除というのは、きれいになっていく過程など楽しいものですが、苦手な方には苦痛な作業かもしれません。

でもちょっと考えてみれば、ほうきや雑巾のみで掃除をしていた時代を考えれば、掃除機のような文明の利器がある現代は恵まれています
例えばメジャーなダイソンなどもありますがやや高価ですので、シャープのサイクロンクリーナー EC-CT12-Cなどは安価な上軽量コンパクトで扱いやすく、ごみ処理には従来の紙パックも不要です。
実際に使うにしても思っている以上に簡単できれいになっていく様子は楽しいものです。
前向きに考えるなら、ちょっと部屋をきれいにするだけで芸術的なアイデアのきっかけが生まれるかもしれませんよ。


since2005Copyright © mjahl.com | さまざまな芸術