芸術家の家庭と浮気や不倫

芸術家は色を好む?

古来より『英雄色を好む』と言われますが、芸術家はどうでしょうか?
実はこの英雄には偉大な芸術家も含まれると言われています。

そもそも芸術家というのは常人とはかけ離れたセンスや世界観を持ち、それを表現することで評価されている存在でもあります。
それ故にそのパワーの源として様々なものがあげられる中の一つとして、「強い性欲」があると言われます。

ただ、ここで言う芸術家とは、あくまで「偉大な」という枕詞がつくことを忘れてはいけません。
そこら辺にいるような平凡な芸術家レベルでは、単なる邪な考えに支配されただけのエロ親父と言わざるを得ません。
その道を極め、世界レベルで認められるような芸術だからこそ、必要なパワーの源と言えるのです。

世界観と現実のはざま

しかし芸術家とは言え人間です。
結婚している場合、現代ではそれは不倫であるとしか見られず、倫理に欠けた失格者とも見られるでしょう。
例えば世界的なゴルフプレイヤーであるタイガー・ウッズでさえ、不倫騒動で世間を賑わせ、一時は人気どころかそのプレーにすら影響が出たほどです。

これが一般社会だったらどうでしょう?
最近では探偵による不倫調査もかなり一般的になっており、一般人の利用も当然のようになってきました。
また、慰謝料を伴う浮気からの離婚では弁護士を依頼して戦うなど、テレビドラマ顔負けの泥沼展開も少なくありません。もしそうなってしまったら、とにかく浮気の証拠集めが必要になりそれこそ疑心暗鬼の生活をおくらなければならなくなります。

世界的な芸術家であればそういった慰謝料やその後の生活もそれほど心配いらないかもしれませんが、中途半端なレベルの芸術家では人生を棒に振ることになるかもしれません。


since2005Copyright © mjahl.com | さまざまな芸術