漫画とアニメは日本が誇る芸術

ストーリーが緻密で時代背景を映す漫画

漫画は子供のみならず、大人まで多くのファンを持つ文化です。
また、特に漫画はアニメ化されることも多く、翻訳されて多くの国で支持を集めることもあります。
特に日本の漫画はストーリーが緻密で良く練られていて、細かい事を気にする日本人の成人すらひきつけるほどの完成度と言えます。

こうしたストーリーは比較的時代背景を強く映しているともいえます。
70年代は特に技術の進歩を夢見るような内容が多い反面、残虐性も色濃く、人の生死についての描写も簡単なものでした。
また80~90年代になると、友情・希望・夢などというキャッチフレーズとなるような作品が多く、マンガの中で明るい未来を垣間見えるような展開でした。
2000年以降になってくると一気に多様化し、個性ある主人公や、一見大衆には受け入れがたいようなマニアックなジャンルなど、多種多様な趣味に答えるような作品が増えてきたと言えます。

ただ一貫して共通して言えるのは、その時代に合った作品が好まれ、子供たちの心に大きく影響し、人格形成にすら影響が見て取れる身近なものであることは間違いありません。
そしてそれは良くも悪くも感動をもたらし、間違いなく一つの芸術作品であると言えるでしょう。

現場は大変なアニメの世界

テレビアニメは漫画が原作になったケースも多く、同じように時代背景を映す作品であると言えます。
いつの時代でも子供たちが夢中になってテレビにかじりつき、そこから影響を受けて抱く夢というのも少なくないでしょう。

また、漫画と比べてその進化は一層顕著で、テレビの放送技術の向上に合わせて画質や音質の向上のみならず、画力やアニメーション技術は格段に進歩してきました。
その分アニメーターなど現場にかかる負担は増大しているものの、近年過剰気味なことと海外の安価な労働力の台頭により、コストカットなど苦しいものとなっています。
特に中小のアニメ製作所は何処も苦しい労働環境を強いられるなど、芸術という面には似つかわしくない現実があるのも事実です。

漫画やアニメはすでに日本を代表する文化の一つともいえ、それ故芸術として役割を担う、期待されている部分も多い分野です。
だからこそそこを目指す漫画家であったり声優やアニメーターという職もあるわけですが、高いレベルであるが故、まだまだ競争も激しく、ある意味それが高い芸術性を維持できている一因かもしれません。


since2005Copyright © mjahl.com | さまざまな芸術